Travels with an Elephant

アクセスカウンタ

zoom RSS 念願成就への第一歩となるか?

<<   作成日時 : 2009/12/01 15:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

いや、今回の象旅ではネット環境に祟られて天竺國ではほとんどネットにつなげませんでした。某所で没問題だったからといって別のところでも同様とはいえない。やはり印度のネットインフラはまだまだ発展途上といわざるを得ません。

いかさま軽量の空気くんとはいえ、余分な重量のかかるPCを持ち歩いて全くの無駄だったかといえば、実はそうでもないのです。長年の懸案が解消された、もしくは解消される可能性が見えてきたという意味で、空気くんはそれなりの活躍をしたのです。何はともあれ、次の画像をご覧あれ。

画像

そうです、これが噂の正規版シムフリーiPhoneです。脱獄でシムロックを解除したものではありません。だからOSのバージョンアップしても改めてロックがかかってしまうことはないはず。ご覧の通りDoCoMoのFOMAカードを挿しても正常に作動してます。


画像


この状態で、電話機として通話できるだけで、パケット通信を利用するマップやブラウザ、メールなどは一切使えません。APNを指定してないのだから当然といえばとうぜんの話。むろんmoperaのAPN情報を入れればパケ通は開きますが、悶絶するほどの課金がくるはず。

別にDoCoMoの回線を使ってiPhoneを利用しようとするわけではないから、これはあくまでシムロックがかかってないことを確認しただけ。シムカードがないから試せないけど、ソフバンのVodafone回線でも使えるはず。auはなんかエラーが出るというような話を聞いたことあるけどどうなのか?今度学生のカードを徴発して試してみようか(笑

メタ坊の目的はあくまで海外で3G対応のプリペイドカードを購入して利用することにあるのです。理論的にはこれでバカ高いローミングサービスを回避して、ローカル通話はもとより、メールやブラウジングが可能となり、のクラウドサーバ・サービスを利用して日本のPCに入ってるデータと同期が可能になるはず。そのうえテザリング機能を活用すればハンディモデムとしても使える、つまり回線の届く範囲ならPCとUSB接続して(いや、藍牙接続ならケーブルすら要らんはず)どこでもPCからネットに入ることも不可能ではない。こうして初めてiPhoneの通信端末としての利点が100%実現されることになるのです。

例えば次に天竺國に行ってAirTelかVodafoneのシムカードを購入するとするなら、このあたりのデータが活用できるかも。これはAndroid用つまりBlackberryなどを使うときのためのものだが、同じ3GネットワークならiPhoneでも同じに動くはず。そうはいっても天竺國は人も知る何でもありのワンダーランド、没問題でスムーズに物事が運ぶとはとても期待できないが、障碍が克服できたらその都度ここで報告していこうと思いますので、果たして居るや居ないやら不明なれど、関心ある人の参考に供することができれば幸いですわな。

因みにこのシムフリーiPhone 3GSは帰路立ち寄った新加坡にて購入したもの。ここではSingTelがの正式キャリアなのだが端末そのものはシムフリーでAPNも問題なく指せる設定になっている。そもそもソフバンのiPhoneだと「パケット通信」(Cellular Data Network)という設定すら見ることが出来ない。


画像


の公式サイトには"You cannot change the information in the Cellular Data Network screen unless you have an authorized, unlocked iPhone or your carrier allows editing the APN settings."とあるから、恐らくシリアルナンバーがROMに焼き付けてあって、シムロックiPhoneでは表示しないようなソフト上の規制がかけられてあるのだろう。

SingTelが扱うiPhoneには、電話機能のみでパケ通を使わないという2年間有効のサービスがあって、メタ坊はこれで契約したが、急激な円高の恩恵で8万円弱で済んだ。一寸高級なネットブックを買って幾つかアプリを入れることを考えると、そう割高だとも思えない。しかし何でこんなヘンなサービスがあるんだろう、ユビキタスなネット端末として使わなければiPhoneの利点には全く預かれないのに?正規版シムフリー機を欲しがってる輩を相手にしてる商売としか思えない。

最後に新加坡でのアクティヴェーションに関しては、

@ SingTelのシムカードを挿入
APCでiTunesを起動してUSBで接続
B「新しいiPhoneの設定」を選択して画面に従って情報を入力。iTunesが日本語版ならiPhoneの言語も自動的に日本語に設定される

と痴呆症老人にでも出来る単純なもの。通信契約すらむすばなくてもいい香港やイタリアのiPhoneならドコモかソフバンのカードさえ事前に挿し込んでおけば勝手に設定してくれるもののようだ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
念願成就への第一歩となるか? Travels with an Elephant/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる